読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまたま見つけた気になるスキンケアやダイエット商品にアタック

たまたま見つけた気になるスキンケアやダイエット商品やサービスの記事を書いていきます

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】が人気

野蚕靴下の重ね履きがブーム

 

靴下の重ね履きで冷え症対策が女性の間でブームなのは

つま先から全身までぽかぽかになるからです

 

20代から80代までの幅広い層の冷えに悩む女性に支持されている

冷え取り靴下は 希少価値の高い野蚕(やさん)から採れるシルク製で

履くだけで血流がアップし

足先から全身まで暖かくなります

 

朝までぐっすり眠れていた子供の頃を忘れていませんか

子供の体はいつもぽかぽかしています

 

手足が暖かいとぐっすり眠れますよ

野蚕(やさん)シルクの冷え取り靴下「リンマー」を履くと

手足が冷たくてなかなか眠れないとか

選択や家事が寒くてつらいとか

夕方になるとひざ下がパンパンに膨れているとかが

まるで嘘のようになくなりります

 

 

5本指の靴下の上に普通の靴下を履くのは締め付けが

ゆるくて楽です

 

冷えは女性の悩みと思われがちですが最近では

50~60歳代を中心に男性にも増えています

 

身体の表面は暖かくてもお腹の中が冷えている人は少なくありません

 

冷えを放置していると免疫力を低下させます

慢性的な疲労感や不眠症そして慢性的な頭痛や肩こり・腰痛

便秘などは実は冷え性の代表的な症状です

 

 

 

からだを冷やす原因

食生活習慣の乱れ

食生活の変化や乱れやインスタント食品やファーストフードで

簡単に食事を済ませることが増えています

これはその食品の中に食品添加物等の化学物質が含まれており

その結果老廃物がたまり血液の流れが悪くなるため

基礎代謝が低下し体が冷えます

 

 

自律神経の乱れ

普段は自律神経の働きのおかげで意識せずに様々な臓器が働き 

呼吸や汗をかいたりしています。

 

ところが最近は家庭でもオフィスでも冷暖房が普及しており

真夏や真冬は外気と室内には大きな温度差があります。

 

こうした環境の中を出入りして急激な温度差にさらされ続けると

体温調節を行っている自律神経が疲弊し、混乱し、機能が乱れます。

 

自律神経の機能が乱れると皮膚から脳に冷たいや寒いなどの情報が

うまく伝えられなくなり体温調節がうまくできなくなります。

 

 

自律神経には交感神経と副交感神経の二種類があり

交感神経は昼間 活発に活動するときに旺盛に働き 体を緊張させ

血液の流れ消化器官の働きを抑制します

 

副交感神経は夜 寝るときやリラックスしているときに旺盛に働き

血液の流れや消化器官の働きを良くします

 

ところが人間関係や仕事のストレスがたまると交感神経が働き続け

体が緊張状態になり血液の流れが悪くなって体が冷えるのです

 

 

運動不足

現代人は科学の発達で便利になり体を動かすことが少なくなりました。

 

洗濯機や掃除機で体を動かすことが減り、そして車の普及や

エレベーターやエスカレーターで歩かなくなりました。

 

50年前に比べるとかなり体を動かす量が減っています。

 

運動不足は筋肉の衰えとともに基礎代謝が減って体の中で

作られる熱が少なくなり体が冷えます。

 

  体温が一度下がると代謝は12

           免疫力は30%以上落ちるといわれています。

 

 

私たちの体は寝ているときも心臓や肺などの臓器を動かしたり、

体温を維持したりと生命を維持するために様々な活動を行っています。

 

 

これらの活動で消費される必要最小限のエネルギー量のことを

基礎代謝といいますが、

一日の消費エネルギーのうち基礎代謝によるエネルギー消費量は60%、

運動や生活活動によるエネルギー消費量は30%程度です。

 

 

体温の低い人は正常な人より熱を作り出すエネルギーが小さいため

基礎代謝が低下しています。

 

 足は第二の心臓

 

心臓から押し出された血液の多くが足を

折り返し地点にし心臓へと戻っていき循環しています。

 

足は心臓から最も遠い位置にあるので心臓から送り出された

あったかい血液は足元まで来ると30度近くまで下がっています。

 

そのため足を温めると心臓に温かい血液が戻り

血管が拡張し血の巡りが良くなるため全身が温まります。

 

足を冷やすと血のめぐりが悪くなり 老廃物がたまりやすくなり

基礎代謝が低下し体が冷えるので足を動かし足の血液が暖かくなるよう 

足を冷やさないようにすることが大切です。

 

足を冷やさないよう足に良い靴下をはきましょう。

よい靴下は材質にこだわっています。

 

ただ保温性が高いだけではなく

靴を履いて汗をかきやすいので通気性や吸湿性と放湿性が大切なのです

 

汗をかいたままだと汗が冷えて足が冷たくなります。

これが冷え性には一番悪いのです。

 

質の良い靴下を履いて足を冷やさないこと

これはとても大切なことなんです。