読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまたま見つけた気になる商品にアタック

たまたま見つけたきになる商品やサービスの記事を書いていきます

折れないペンシルの高級タイプが発売されとても好評だという

ここ数年、芯が折れないタイプの登場以来、大人の間でもちょっとした

シャープペンシルブームになっている。

私もクルトガを使っているが…


シャープペンシルは、字がかすれることもなく、上向きでも雨の中でも書け、

消しゴムで消すこともできる快適な筆記具。


さらに、芯が折れないとなると、それはもう集中も途切れない。
書いている途中でポチッとなると調子が狂ってしまい、2回以上続くと投げ出したくなるのではないでしょうか?

それがずーっとないというのは快適ですよね。


ぺんてるの「オレンズ」、ゼブラの「デルガード」、三菱鉛筆の「クルトガ パイプスライドモデル」など、芯が折れないシャープペンシルが出そろったのに、あえてこのタイミングで、シャープペンシルのフラッグシップともいえる製品が登場。
それがぺんてるの「orenznero(オレンズネロ)」だ。

 

 ご覧の通りシャープペンシルとしてはかなり高価だ。しかし、このシャープペンシルが、発売直後から大人はもちろん、小中学生にもとても売れているという。


漆黒のボディーに12角形の軸という、ぺんてるシャープペンシルの伝統を受け継いでいる。

 

重厚なイメージさえ与えるが、手にしてみると重くもなく軽すぎもせず、手になじむ

樹脂の感触とほんの少し前方に重心があることで、ペン先も動かしやすい。

今までにない持ち心地。

 

オレンズネロは前半分に樹脂と金属を混ぜた素材を使っている一方、後ろ半分は

樹脂のみで作られており、それを成形段階で一体化して継ぎ目のない軸に仕上げ

ている。

 

持ったときの重さのバランスが良く、12角形の軸が手にフィットして

文字が書きやすい。

グリップ部が長いのも、ホールディングの良さに貢献している。


軸の持ちやすさと、持てば分かるバランスの良さもオレンズネロのすごい点だが、

もっと分かりやすい魅力は、「自動芯出し機構」の搭載だ。

最初に1回ノックすれば後は芯がなくなるくらいまで、ノックせずに使い続けられる。

 

オレンズネロはぺんてるが積み上げてきた技術と、歴史に名を残すシャープペンシル

から継承したデザインを丁寧に形にした結果が、多くの人に支持されたようだ。

 

例えば、自動芯出し機構も0.2mm芯もぺんてるが長年磨いてきた技術だし、

遡れば、シャープペンシル普及のきっかけになった0.5mm芯を最初に開発したのも、

ノック式シャープペンシルを開発したのもぺんてる

 

 


ネットで見つけた気になる情報
発酵美学の長期熟成発酵「ファストザイム」で毒素を出し切って真の健康を手に入れよう。
時々断食するのは体に良いとは聞きます・・・

肌に必要なオレイン酸を含む「究極のひまわり種子油」を使った美容オイル「ソルアネーロネイチャーオイル」は顔だけでなくボディや髪にもつかえるんです。

コートで隠されていた体型が・・・そろそろダイエットはじめなくては・・・
ジュースみたいなのに低カロリー!! ごくごく飲めて続けられるおいしい「スイーツ青汁」ダイエット

塗っても食べても不十分な美容成分エラスチンはサプリで補うことにしましょう。
オーガランドエラスチンがトライアルでお得ですよ。


贅沢な保湿成分をたっぷり使用したホワイトベールの洗顔料「白雪洗顔」で毛穴ケアもバッチリの艶肌に