読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまたま見つけた気になるスキンケアやダイエット商品にアタック

たまたま見つけた気になるスキンケアやダイエット商品やサービスの記事を書いていきます

腸と腸内細菌が喜ぶ日本食を食べて腸を元気に便秘しない暮らしを

食べることに興味のある人は「美味しいものを食べること=生きがい」くらいのイメージを持っているのではないでしょうか?

しかし、腸内環境を考えると「出すこと=生きること」という感覚をもって、何を食べればよい大便が出るのか、また、下痢や便秘をしないようにするにはどのような生活・行動が望ましいのかを常に意識して食べるものに気を配ってほしいもの…これは医療関係者の考えそうな話。

しかし、食べ過ぎや運動不足などいろんな原因で、便が出ない日が続くととても憂鬱な気分になりますよね。

こういう時ってヤギの糞のような小さな便でもコロッ出てくれるとホッとします。
腸は何にもいわないけれど結構無茶に耐えてくれているんだと思います。
だからガンになりやすいのかもしれません。

 

大便には消化されていない食物繊維が含まれていることがあります。
食物繊維の役割は単に食べ物の残りかすとして大便の量を増やすだけではありません。


食物繊維は消化酵素では分解されずに大腸にそのまま届き、そこで腸内の老廃物や有害物質などをからめ取って排泄してくれます。「腸の掃除屋」というイメージですね。

さらに食物繊維が腸内細菌により醗酵されるときに放出される酪酸は、ビフィズス菌など善玉菌の味方をする物質です。

悪玉菌も食物繊維があると増殖できないので、食物繊維は腸内細菌をよい方向に導く働きがある優れものなんです。

食物繊維は水分を保持しているので、便が硬くなって排泄しにくいという状況を回避してくれます。ホント、食物繊維 さまさまです 食物繊維に感謝!

便が腸内の滞留時間が長すぎると硬くなり、短すぎると下痢になってしまいます。
食物繊維にはその具合を調整する働きがあります。
食物繊維の働きってすごいですよね・・こんなにすごい働きをする食物繊維を沢山摂ると健康力がぐ~んとアップしそうです。


食物繊維の中でも便秘に有効なのが海草です。
海草の食物繊維は消化されにくいため、半日程度でそのまま大便として出ます。

ワカメとかヒジキとか昆布や海苔とかありますが、特にはおすすめはメカブです。
海草のほかにもオクラ・納豆・長芋・なめこなどネバネバ食は便秘を救う最強軍団ですね。


善玉菌の代表的なものは乳酸菌とビフィズス菌ですが、これは名前だけでも知っている方が多いと思います。

善玉菌は身体に有用な酸性物質を作るとともに、アルカリ性を好む悪玉菌の勢力を抑えて悪玉菌が出す有害物質を減らします。

善玉菌を増やすにはヨーグルトや乳酸菌飲料、納豆などの発酵食品を積極的にとることが大切だといわれています。
乳酸菌や発酵食品食べていますか?

このごろは日本食離れの日本人が増えていますが、最近は日本食のすばらしさを教えてくれるのが外国人だというのはなんとも情けないことです。

味噌・醤油・鰹節・漬物・食酢・みりん・日本酒・納豆これらはみんな発酵食品です。
日本人の先祖って偉かったのだと改めて思います。


納豆は乳酸菌食物にも分類されます。ヨーグルトや納豆などの乳酸菌は酸に弱い性格があるので、食前よりも遺産が薄まっている食事中や食後に摂るほうが効果が高いようです。

日本食を食べて腸を元気にしましょう。

 


痩せと冷えでお悩みの方のふっくら体形になりたい切実な願いをかなえたいサプリ「ファティーボ



薬用クリーム&ボディソープ&サプリのトリプルケアで内と外から臭いブロックのデオシーク



美容サプリホワイトショットインナーロックIXはからだの中から透明感ケアで愛用者増大中



プラセンタを醗酵・熟成させたエテルノ濃縮プラセンタの沢山の美容成分がたるまないお肌に



ポツポツやブツブツの悩み解消で積極的な自分になれると評判イボケアのクリアポロン