たまたま見つけた気になるスキンケアやダイエット商品にアタック

たまたま見つけた気になるスキンケアやダイエット商品やサービスの記事を書いていきます

ボムBTサプリは医学誌「診療と新薬」2017年4月号に掲載された注目のサプリ

内側から根源的、直接的にアプローチ。
しなやかな美しさは毎日安心して飲み続けられるインナーケアサプリメント
女らしさと美ボディをいっぺんに!

弾むようなハリのある毎日に導く「エラスチン」と、
安全性・信頼性を重視した独自成分「PJボムプエラリア」を組み合わせ、
弾力成分と女性らしさへと働きかける女性サポート成分のW処方で、
内側からしなやか。女性らしい美ボディを叶えます。

良質のプエラリアで内側から美ボディケアのボムBTサプリ

赤ちゃんにも安心アットピースラボフコイダン保湿ローション

飲むエイジングケアのサラブレッドプラセンタTp200

輝く女性のためにもちもちすっぽんコラーゲン

LUFTはメイクアップアーティストGendaiが、プロジュースしたヘアワックスです

Gendaiこだわりのヘアワックスです。

 

ふんわり甘いアクアティックフローラルに、ほのかに香る果実の

シトラスで仕上げてあり、

まるでサロン帰りのような上品な香りで大人の女性らしさを演出す

こだわりのヘアワックスです。

 

 

自分らしく普段からお洒落を楽しみたい方や、こだわりの強い美容の

プロがヘアアレンジの際に求める微妙な動きや質感等、

表現に求めるレベルはますます高まっています。

 

理想の動き、質感を思いのままに・・・

ふわっとしたナチュラルな動きや束感を作れるセット力。

ワックス特有のべたつきもなく付け心地は軽やか。

 

LUFTはあなたのを自然で上品な仕上がりへと導きます。

 

 

使い心地はもちろん、成分、香りに至る細部まで、

ヘアアレンジを知り尽くしたGendaiがこだわりのすべてを詰め込んだ

ヘアワックスをぜひ体感してください。

 


 

良質のプエラリアで内側から美ボディケアのボムBTサプリ

 

天然素材の心のサプリ「メンタルン」

 

デオラボ飲むデオドランド「ハーバルセタンダード」 

 

 

のび~るもってもち泡の「モッチスキン」が大注目

雑誌やWEBで紹介されて大注目の

「のび~るもってもち」のモッチスキンでモチ肌を目指しましょう。

 

 

モチ泡が毛穴・くすみ・汚れをごっそり絡めて大掃除

それなのに
洗い上がりはしっとり

モッチスキン吸着泡洗顔で毛穴の大掃除

 

いいものみっけ!!


肌にハリをアビアンテPG非変性プロテオグリカン原液

ピーンとしたハリ艶肌を「NO NAMEカカオ美容液」

敏感肌卒業へ!プラケアEQウォーター・ゲルクリーム

女性の為のサプリメント【美・皇潤】トライアルセット

カロリーゼロの美甘麗茶で腸スッキリ

飲むだけでスッキリが実感できる
驚きの甘さの美甘麗茶はなんとカロリーセロ

スッキリしたい女性のスッキリしない原因はどんよりとイライラ

無理な食事制限をすると体のリズムが滞り、スッキリしなくなります。
不安やイライラを感じると体がいつもとおりの掃除をしてくれなくなります。

美甘麗茶はノンカロリー・ノンシュガー・ノンカフェインで
ティーバッグだから簡単に飲めて甘いので、飲むのが楽しくなります。

腸の調子もよくなってスッキリするので、
気楽に続けられてお肌の調子も改善されます。

普通のお茶より少し長めに置くと、甘みがしっかり出て
より美味しく飲めます。


美甘麗茶で無理せずにスッキリダイエット


MELTY VENUS除毛クリームでつるすべ


オーガニックモリンガの恵青汁


黒フサ習慣ブラックマックスS

100万本突破の超温感マッサージクリームの満足度は95%

あなたの脚はむくんでいませんか
むくみを溜めると血流やリンパの流れが悪くなり、むくんだ箇所に

老廃物が溜まります。

 

老廃物が溜まり続けると、変形した脂肪細胞がセルライトになります。

セルライトが更に血流やリンパの流れを悪くするのです。

 

この繰り返しでどんどんむくみが溜まり・・・
代謝が悪くなり痩せにくいからだになってしまいます。

 

むくみを放置していると、延々と繰り返す悪循環でとんでもないことに・・・

 

そこで悪循環から抜け出す習慣は
超温感マッサージクリームを塗って温感で揉みほぐすことです。

 

バンビウォーターは塗ったところがぽかぽかジンジンとあったかくなってきますよ。

 

冷えると固まるセルライトを温め、血行を良くしてあげることで、老廃物を排出し、

代謝を高め、同時に冷えたセルライトも柔らかくします。

 

軟化セルライトは落としやすい特徴があるので、1日数分でも

毎日ケアすることが大切です。

 

塗ってマッサーしているとお肌にしっとりと潤いヴェールが出来るような感覚に。
ほのかに香るホワイトブーケの匂いがマッサージタイムを

 

むくみを強力ケアのマッサージジェルバンビウォーター
最高のリラックスタイムにしてくれます。





脚のむくみケアにマッサージオイルジェルするりら小町


リリナゴールドオイルシャンプー&トリートメントお試しパック


元気復活クラチャイダム100%の純黒根茎

毛穴の黒ずみ、お肌のくすみなど肌トラブルの悩みは古い角質が原因かも

毛穴の黒ずみ、お肌のくすみ・ゴワツキ・ザラザラ、お化粧のノリが悪いなど、

肌トラブルでお悩みではありませんか?

 

もしかしたらその原因は、厚くなった古い角質が原因かもしれません。

そこで、オススメのスキンケアが

「メディユース(Mediuse)ホワイトフレッシュ ピーリングジェル」です。

 

この商品は古い角質がボロボロ取れると、ネットや口コミでも好評のようです。

 

足の裏のニオイにもいいみたいですよ。
どろっとしたジェルです。

 

顔にのせると、ちょっとこすっただけで消しゴムのかすのようにボロボロと

角質がとれるんです。

 

古い角質が積み重なったままでは、どんな高級化粧品を使っても効果は得られない

そうですよ。
なので、「蓄積された角質や汚れを落とす」ことがスキンケアの基本ということです。

 


この「メディユース (Mediuse )ホワイトフレッシュ ピーリングジェル」は、

溜まった角質・詰まった角栓をボロボロおとし、肌をワントーン、ツートーン明るく

してくれるピーリングジェルです。

 

ホワイトフレッシュピーリングジェルで角質ケアした後は、お肌がつるつるに!


黒ずみゴワゴワにホワイトフレッシュ ピーリングジェル

 

 

自まつげを育てる美容液ミセルアイラッシュ

自宅でニキビケアメディユース アクネル ローション&美容液

歯を白く歯茎を強く薬用パールホワイトプロシャイン

「味噌」「しょう油」などの発酵食品を食べることが少なくなってきているそうだ

万田発酵が全国の男女1800人に調査を行った結果、5年前に比べて「味噌」「しょう油」などの発酵食品を食べる機会が減ったという人が多くいることがわかりました。

 

 

チーズ・ヨーグルトは摂取量が増え、味噌・しょう油は減少しています。

何となく健康に良さそうなイメージのある「発酵食品」ですが、身体にいいとされているのは発酵食品の多くに「乳酸菌」が存在するから。

 

発酵食品と聞くと何をイメージしますか?

塩麹」や「醤油麹」など発酵調味料が流行し、「肉を柔らかくする」「旨みやコクがアップする」などの調理効果が近年とても注目されています。

 

発酵とは、食品に含まれる成分を菌が分解し、新たな成分へと生まれかわった状態のことです。

 

発酵をする菌は、乳酸菌、麹菌、酢酸菌、酵母菌、納豆菌など。乳酸菌は牛乳を分解してヨーグルトを作り、麹菌は大豆を分解して味噌を、酢酸菌は米をお酢へ、酵母菌は強力粉をパンへ、納豆菌は大豆を納豆へと変化させます。

 

さらに、栄養価や旨み成分、香りを格段に高めてくれるのです。

食品を放置することで、美味しくなったり、膨らんだり、香りが良くなったりするなんて魔法のようですね。

 

私たちが普段目にするしょうゆやヨーグルトも乳酸菌を含んでいます。

乳酸菌には、「動物性」と「植物性」の2つの種類があることは知っていますか?

 

「動物性乳酸菌」はチーズやヨーグルトに含まれ

「植物性乳酸菌」は味噌やしょう油などに含まれます。

 

今回、調査対象者に5年前と比べて食べる頻度が増えた「発酵食品」について聞いてみると、

1 パン(57.2%)

2 ヨーグルト(57.1%)

3 酢(50.0%

4 納豆(48.4%)

5位 チーズ(48.1%)

 

と ヨーグルト チーズ という動物性乳酸菌を多く含む食品が上位にランクイン。

反対に5年前と比べて食べる頻度が減ったと感じているについて聞いてみると、

 

1位 しょう油55.9%)

2位 味噌(52.4%)

3位 鰹節(51.3%)

4位 みりん(49.2%)

4位 漬物(49.2%)

 

と、ほとんどが植物性乳酸菌を含む発酵食品という結果になりました。

 

「醤油」「味噌 」などの摂取量が減るのは、“塩分”を気にしているのかもしれない。

 

一方で、調査の結果によると、「肌への自信がない」人は、「自信がある人」に比べて

発酵食品不足を実感する傾向にあるそうです。

 

特に素肌に自信のある人は、あらゆる発酵食品を12回摂取するなど、発酵食品は

アンチエイジングにもつながるようだ。

 

この結果について、"腸のスペシャリスト"として数多くのテレビ番組に出演する松生クリニック松生恒夫医師は、日本の食生活が欧米化したことで植物性乳酸菌の摂取が減り、動物性乳酸菌の摂取が増えたのだと指摘します。

 

確かに朝食を例にとってもご飯に味噌汁、漬物という組み合わせよりもパンやヨーグルトで済ませるという人が多くなっている気がします。

 

「植物性乳酸菌は、体内に取り込まれても胃液や腸液に耐えて生きることができます。

つまり、長く体内で働き、おなかの調子を整えるがあるのです」 と話します。

 

動物性乳酸菌は、ほとんどが胃酸に弱く、腸まで届かず分解されてしまうのですが、植物性の餌となり、活発化させる役割があるのです。

さらに動物性は、分解されやすいものの、直接腸内を刺激して、免疫力を高め、整腸作用を高めてくれるす。

動物性は、主に乳糖を体内で乳酸に変え、それを養分として増えていきます。

栄養面では、牛乳が非常に優れています。

 

私たちは食事で漬物などを食べ、食後にヨーグルトを食べるなどしてどちらか片方だけを摂取するのではなく、植物性乳酸菌も動物性乳酸菌もバランスよく摂る事によって、食生活やストレス、運動不足などで増えてしまった悪玉菌を善玉菌に変え、腸内環境を良くし、きれいにしていくことができるのです。

 

「腸内環境」を健康に保つためには動物性乳酸菌を多く含む発酵食品だけでなく、植物性乳酸菌を含む発酵食品もしっかり摂ることが大切ですね。

 

炭酸濃密泡で毛穴の黒ずみオフD.U.O.ザフォーム

   

ダイエッターサポートのおいしいエクササイズコーヒー

 

 

 

ストレスの無いダイエットをサポートするチラリッカ

 

デリケートゾーンソープのプリジアで適切なケアを