たまたま見つけた気になるスキンケアやダイエット商品にアタック

たまたま見つけた気になるスキンケアやダイエット商品やサービスの記事を書いていきます

血圧はみんなが高けりゃ怖くない・・・なんて

40歳から74歳の日本人の2人に1人が高血圧と言われています。

高血圧大国ですが、

このうちどれほどの人が危機感を持って食事に気を配っているでしょうか。

 

赤信号、みんなで渡れば怖くない、といった様子で、
あいつと同じならそんなにたいしたことではない…と楽観視してしまいがち

なのが再演とキラーといわれている高血圧。

 

血管は栄養と酸素を運ぶ大事な役割を果たしていますが、血圧が高い状態が続くと、

その大切な血管を傷つけてしまいます。

 

そして、いうまでもなく、高血圧は動脈硬化を招きます。

動脈硬化がすすみ血管の内側が狭くなってくるとさらに血圧が高くなる

という悪循環に…。

 

 

突然、予告ナシにあなたを襲ってくるかもしれない脳卒中心筋梗塞

腎不全などを引き起こす要因ともなります。

 

高血圧&予備軍かどうか、分かる!
5つのチェックリスト


「薄味好き」と自分では思っていても、知らず知らずのうちに

濃い味に慣れている方も少なくありません。

 

今は血圧の数値に問題がない方も、

次の項目にひとつでもチェックがついたら黄信号です。

 

□ ラーメンの汁を飲み干せる
□ 外食をした後に喉の渇きを感じることがない
□ ドレッシングがかかっていないサラダなんて食べられない!
□ 一口食べる前にとりあえずソース(しょうゆ、マヨネーズなど)をかける
□ お皿にのっていたソースは全部きれいになくなる

 

本当に薄味が好きな方、普段から自炊が多い方からすると、上記の項目に

チェックがつくような食べ方はかなり“キツイ”はずです。

 

短い時間でランチを済ませ、手頃でおいしいと思えるお店や料理を選んで

いるうちに、いつの間にか濃い味に慣れてしまうのは自然といえば自然

なことです。

 

でも、その期間が長いほどに減塩する大変さもより深刻になってしまいます。

濃い味に慣れていることに気がついたら、血圧という数字に表れる前に、

選ぶものを変えていきたいものです。

 

 

私は3つにチェックを入れましたので、これはもう食事の見直しが絶対に

必要だということですね。

 

世界的にみても日本人は塩分をとりすぎている傾向があるので、まず減塩を

心がけることが大切ですと専門家は言っています。

 

「日本人の食事摂取基準」(2015年版)によると、1日の食塩摂取目標量は

男性で8g未満、女性で7g未満です。

 

すでに高血圧だという方の食塩摂取目標量は、それよりもさらに少ない6g未満。

 

この目標量を達成するのは、実際の食塩摂取量との開きが大きい分だけ難しくなります。

平成25年の国民健康・栄養調査によると、

平均食塩摂取量は、男性は10.9g、女性は9.1gですから、

目標量を達成するには、男性であれば2.9g、女性であれば2.1gの減塩を意識

しなければなりません。

 

 

では、食塩1gに相当する量を調味料別に見てみると、どのくらいなのでしょうか。

 

まず、ランチタイムでの使用頻度が高そうな

「とんかつソース」は、大さじ1杯で食塩1gを含んでいます。

とんかつ自体にすでに下味で塩味がついているのに、そこへさらにとんかつにも

キャベツにもソースをかけて、お味噌汁やお漬物まで食べていたら、

たった1食で1日の摂取量の2分の1を超す勢いです。

 


揚げ物や焼肉などは、しょうゆやソースでなく、レモンやユズ、こしょう、

ごまで食べるようにしましょう。


せめて添え物のキャベツはソースなしで戴くくらいでないと、特に揚げ物の

セットメニューは食べすぎと調味料のかけすぎ気をつけましょう。

 

 

一方、カロリーは高いですが、マヨネーズは大さじ3と3分の2弱で食塩1gと、

思ったほどには高くないという印象を受けるかもしれません。

 

そして、濃い口しょうゆは大さじ3分の1強、薄口しょうゆなら大さじ3分の1で

食塩1gと、少量でも多くの塩分を含んでいることがわかります。

 

 

しょうゆやソース、マヨネーズなどは、お料理に直接“かける”のではなく、

添えるようにおいて、“つけて”いただくようにすると摂取量が変わってきます。

 

 

とんかつにソースをかけるとき、点、点、点…と少しずつかける方はいません。

線を描くようにだらーっとかけてしまう方が多いし、美味しいのですが、

“かけるのではなくつける”を鉄則にしてください。

 


その他の調味料では、塩分1gに相当するのが、米みそなら大さじ2分の1弱、

ポン酢しょうゆなら大さじ3分の2、ケチャップなら大さじ2、

オイスターソースなら大さじ2分の1弱、焼き肉のたれは大さじ1弱など。

 

思ったよりも塩分が少なかったもの、高かったものがあるかもしれません。

よく使用する調味料は塩分量を把握しておくと減塩対策によいでしょう。

 

 

野菜や果物に多く含まれるカリウムは、ナトリウムを体外に排出する働きがあるので、

出来合いのものばかり食べていて自分では減塩ができない、という方は、

排出する働きのある野菜をより積極的に食べることを心がけましょう。

 

カリウムを多く含んでいる野菜は

パセリ・ほうれん草・ザーサイ・納豆・やまといも・にんにく・サトイモなどがありますが、これらの野菜はレストランや食堂ではあまり使われていないような気がします。


高血圧にならないために今できること。

まずは、薄味に少しずつ慣れるようにすることです。

減塩は外食に頼らず、自分で意識して作ることが大切ですね。

即行動しかありません!

 

“腹八分目”ならぬ、“調味料八分目”を心がけて、黄信号が点滅しないようちゃんと青信号で一歩を踏み出すようにしましょう。

 

バストアップのレスタリアージュグラミーバストクリーム

生活習慣病にアディポネクチンが注目されています。

SP-18 BASIC DX イメージ②

「天使のララ」の人気の秘密は?

「天使のララ」は独自のミクロフィルタリング精製法という技術で

コラーゲン本来の「三重らせん構造」を壊すことなく純度の高い原液を抽出し、

そのままギュッと個包装にした高純度液体フィッシュコラーゲンです。


「天使のララ」の特徴は


その1 原液にこだわった無添加のコラーゲンだから気にせずに飲める
その2 スムージーやヨーグルトなどに入れて飲めるので続けやすい液体コラーゲン
その3 93%以上の方が嬉しい、いい感じと実感できるコラーゲン
その4 個包装で、ピッと封を切ってサッと使える使い切りなので衛生的で、

    携帯すれば飲み忘れ無し
その5 1袋わずか4kcalと低カロリーなのでダイエットやカロリー制限している

    方にも安心 
その6 コラーゲン独特のにおいや飲み難さを独自技術で解消。飲み物に混ぜても

    味を損なわず美味しく飲める

 

 

コラーゲンは常に新陳代謝をくりかえしていますが、それも20歳をピークに

新しく生み出す力が徐々に弱まってしまいます。

 

なんとその量、60歳では20歳の時の約半分にまで減少してしまうんだとか。

ちょっと寂しいですね。

 

コラーゲンが失われると、肌の弾力やハリが失われる

といわれるのはこのためです。

 

「天使のララ」の原料はコラーゲン(タンパク質)と水分だけで、

副原料、添加物を一切使用していません。


また、国の定める放射能検査にも合格しています。

毎日安心してお飲みください。

高純度液体フィッシュコラーゲンの天使のララで輝く肌に

オーガニックとテクノロジー融合のタイムレスジェリーセラム

食物繊維と天然成分で糖質カロリー制限を桑の葉茶糖煎坊

気になるシワにプレステージリンクルセラムクリーム

食べあわせでダイエットするやり方も無理がなくて良さそうだ

世間ではさまざまなダイエット法があふれており、どれが一番自分に合うのか探しているという人は多いのではないでしょうか。

そんな中、食事制限ではなく、きちんと食べても痩せられる方法として、管理栄養士の伊達友美さんが提唱している「食べ合わせダイエット」があります。

 

これは、必要な栄養を補い、体を温め、胃腸を活性化させて、基礎代謝を高め、そして脂肪を燃焼させるダイエット法なんだそうです。

 

◎ポイントは、酵素とオメガ3脂肪酸の良質な油。

体を冷やす食べ物で代謝を落とさないようにし、さらに「酵素と油」で代謝をアップ、消化を促進して脂肪を燃焼させることにあるのだそう。

代謝を促進させるためのカギとなる食べ方として、ステーキには脂肪燃焼効果の高いニンニクだれや生姜だれがオススメなんだとか。
また、これらのたれとステーキを一緒に食べると、消化を助ける作用も期待できるとか。他にも、体を温める効果もあるそうですよ。

加えて、酵素を含むサラダをステーキを食べる前に食べる、温かいコンソメスープなどを飲んで体を温めると、さらに代謝もアップしやすくなるのだとか。

タレントの上原さくらさんが自宅で一人ステーキを楽しんでいたときには、赤身肉を選び、ニンニクチップをちりばめてました。葉野菜やスープが添えられていたのは、この食べ合わせ術にも合っていますね。

このように、食事制限ありの無理なダイエットではなく、酵素を摂って、代謝アップの食材も取り入れて、健康的に痩せたいですね。そのほうが、ダイエットも長く続くのかもしれませんね。

Asa-Joの情報を引用しています。

 

無理したダイエットは後からのリバウンドが怖いし、栄養失調にもなりかねないから、体にいい燃焼しやすいようなものを組み合わせながら代謝を良くしていければ良いですね。代謝がよくなればダイエットになるのですから。代謝アップするには食が大切ですが、適度な運動がもっと大切ですよね。

スロージョギングはいいですね。ホント効きますよ。

 

人気のサプリとちょっといい情報
翌朝スッキリで人気の美容健康茶パワーアップ黒モリモリスリム


3つの注目成分で闘う力をサポート「まもるたたかうLPS」

 

年齢や肌質を問わず保湿力に重点注力した化粧水の肌しるべ

あなたはまだ、つらくてきつい運動や、我慢が必要な食事制限ダイエットを続けますか?

置き換えダイエットが続かない・食事制限はしたくない・・・

 

 

そんな悩みを抱えている人は、おやつ代わりに飲むだけでもダイエット効果を発揮する、機能性表示食品のスムージーを試してみませんか?

 

さまざまな栄養素が摂れ、健康的なボディに慣れるとモデルや海外セレブの間で人気となったスムージー。

 

TVや雑誌でも取り上げられ、日本でも大ブームになりました。お洒落なイメージで美味しいスムージーですが、自分で作るのは面倒だという方が多い。

美味しさや栄養をそのままに、ミキサー要らずで簡単、水に溶かすだけの粉末タイプが登場し、種類も豊富で大ブームに。

 

でも同じ飲むのならちゃんとしたもので栄養を摂りたいと思いませんか?

葛の花由来のイソフラボンって、ダイエット成分として最近特に注目されています。

 

 

イージースムージーグリーン消費者庁に【機能性表示食品】として届出した健康食品です。

イージースムージーグリーン1杯(6g)で35mgの葛の花由来イソフラボンを摂取できます。

 

イージースムージーグリーンには9種の野菜と果実が配合されています。

大麦若葉、長命草、ホウレン草、バナナ、リンゴ、ケール、小松菜、セロリ、アセロラ

 

またコラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタ、およびビタミンやナイアシンパントテン酸も配合されています。

 

 

葛の花由来のイソフラボンと大豆由来のイソフラボンとは成分の構造が異なるので、機能も異なります。似てはいてもお腹の脂肪を減らすのを助けるという機能を表示できるのは

葛の花由来のイソフラボンのみです。

 

肥満気味な方の体重・ウエスト周囲径・内臓脂肪や皮下脂肪を減らすのを助ける働きがあるのは葛の花由来のイソフラボンだからなんです。

 

ダイエット中は特に栄養が偏りがちになったり、ストレスによって肌が荒れやすくなるものですから、ダイエットしながら年齢を感じさせない肌作りができる点も特徴的ですね。

 

 

作り方は簡単

1日量大さじ1杯(約6g)分の粉末をシェイカーに入れる。

約100mlの水を入れてよく振る。

たったこれだけで完成です。

 

洋なし型下半身太り専用マッサージジェルREG&STYLE

 

くろあわわの黒の力と濃密泡が肌を守りながら洗顔

 

30種の活力パワー百歳山参配合の活力サプリ エディタルEX

 

低体温を予防する手軽な時短レシピ

自分の体温、ちゃんと知っていますか?
現在、働く日本女性の3人に1人が36度未満の低体温状態なのだそうです。

約50年前の日本人の平均体温は36.8度あったとされるのですが、

日本人の平均体温が下がっています。

 

平熱が35度台ということも多く、中には34度台という低体温で悩む女性が増加中。

 

低体温状態が続くと万病のもとと言われる“冷え症”につながり、眠りの質の低下、胃腸の不調、むくみ、太りやすくなる……などなど、体にさまざまな不調をきたす可能性が高くなります。

 

血行が悪いために体の細胞が必要とする栄養素や酸素が運搬できないために、体の機能が低下して、肌の艶がなくなったり、顔色が悪くなったり、肩こりや首のコリがひどくなり、下痢や食欲減退など…怖いですね。


では、なぜ“働く女性の低体温”が増えているのでしょうか。

低体温をつくる原因は朝食にあり!

腸温活プロジェクトが行った『働く女性の“体温と朝食”に関する調査』によれば、
“朝食”を摂るか否かで“冷え”リスクが2倍になるという興味深い調査結果があります。

これは、朝食が週に4回以上の冷え性率は27.7%だが、週に3回以下の人の冷え性率は55.0%だというもの。

現代人は朝食は1日のエンジンであり、最も欠かしてはならない食事という認識をなくしているようです。

 

働く女性、特にワーキングマザーは自分に加えて子供の準備、家事にも追われて

朝は大忙しです。

 

つい自分のことは後回しにしがちですが、スープやナッツなど、

必ず何かを食べることが大切です。

 

朝食を摂ることで体が温かくなって、集中力もアップしますし、子育てにも良い影響が出てくるはずですよ。

 

ワーキングマザーの朝食は時間との戦いですね。
冷えを改善しながら時短朝食のおすすめメニューが「スープ餅」です。
! 

手作りのスープでなく、お湯を注ぐだけのフリーズドライのスープでOK!

 

レシピというほどではありませんが、作り方の手順を紹介します。
●材料と作り方(1人分)
(1)マグカップにフリーズドライのスープ、分量の水、パック餅を1~2個入れる。
(2)電子レンジで2分~2分半加熱する。
(3)おろし生姜や長ねぎ、七味唐辛子、黒胡椒など体を温めるスパイスやハーブを加え、よくかき混ぜてから食べる。

 

いかがですか?
餅を焼く手間も、お湯を沸かす手間も不要! これなら簡単ですよね


餅は、つい頼りがちなパンやシリアルに比べて腹持ちもよく、消化吸収のいい食材。

体も温めてくれるので、常備しておくと、とっても重宝しますよ。


時短メニューを味方につけ、朝食習慣で脱・低体温!を目指しましょう。

 

ネットで見つけたちょっといいもの情報を紹介します。

 

目指せ-10歳肌インナーケアサプリのタイツープラス

弾力成分エラスチニン配合のハリジェンヌつぶで若々しく

 

薬用美白ジェルホワイトヴェールで愛されボディに変身しようの効果については、コチラから

 


健康と美容に植物性ケイ素ブランドみずほらのケイ素&田七

体のバランスを整える活性炭と痩せ菌でダイエットのくろしろ

女性が薄毛に気づくのはいつ?

抜け毛や薄毛は男性の悩みと思っていたら大間違い!

女性でも頭皮のケアをしっかりしていないと髪に悩みを抱えてしまうんです。

 

現代の薄毛事情は、男性は3人に1人。
女性は5人に1人と言われています。

 

数年前に比べて、薄毛の悩みを持つ女性が急増しています。

『薄くなってきたから、夫の育毛剤を使ってるの!』って人がいますが、

絶対にダメです。

 

 

AGA(男性型脱毛症)とFAGA(女性型脱毛症)は原因も対策方法も違います。
男性は薄毛になると同時に脱毛してしまいます。


女性の薄毛は1本1本が細くなりトップのボリュームが減ってきたり、

分け目が目立つようになります。

 

女性の薄毛のサインは

髪の毛が柔らかくなる
トップのボリュームダウン
髪の毛のコシがなくなる
髪の毛の伸びが遅くなる
髪の色が薄くなる。茶色や白っぽい部位がある
直毛からウエーブに変わってきた
分け目が目立つ
短い毛の抜け毛が増えた
かゆみが出てきた
ベタベタする
フケが多くなる


このようなサインを感じたら、先ずするべきことは…
1生活習慣の改善
2シャンプーやトリートメントの見直し

 

薄毛がまだ目立っていない状態の人は、頭皮環境が悪くなり始めた人です。
まずは、頭皮環境を整えることにポイントをおいてください。

 

女性の薄毛の問題は、大半の人が髪の毛1本1本が細くなり痩せていき

地肌が目立ち始めます。

 

女性の薄毛の原因で多いのは加齢、ホルモンバランス、ストレスこの3つが大半ですが
助成の髪に重要なのは頭皮環境を整え、栄養をめぐらせることです。

 

女性特有の悩みを根元からケアする植物エキスを各種バランスよく配合した

育毛剤 fuwaco(ふわこ)でしっかりハリとコシのある髪に育毛ケアしてください。

 

髪だけでなくお肌のケアも大切ですね。

肌を進化させるドクターソワ基礎化粧品7回分モニターセット


体の中がスッキリになるとお肌もさらに美しくなりますね。
低カフェインで安心して飲める豊潤青汁・和みゆたか


女性ばかり綺麗になっても男性に元気がなかったらいい夫婦になれませんね。

ウツボパワーで元気にピンシャン

天然ウツボパワーの”元気玉”で男性活力を取り戻せ

たるんだスタイルを脱ぎ捨てませんか?

30歳なかばを過ぎるとなんとなく疲れの回復が遅くなり、調子が上がらなく

スッキリしにくくなったと思いませんか?

 

昔は朝もシャキッとしていたのに、重いとスムーズにいかないんですよね。

おばさんぽくなってきた体形や健康が気にな年齢ですが、

家庭や仕事に一番忙しい時期でもあります

 

汗をかくくらいしっかり運動すると、スッキリするかもしれませんが、

そんな余裕はない…

 

忙しいあなたはこんな悩みを抱えていませんか

最近鏡を見るのがイヤになるほど太りやすくなって、以前着ていた服が似合わなくなった、とか

朝起きるとからだが重いし、昔と同じ食事なのにスッキリしないなど

 

それは年齢とともに身体のリズムが変化して

エネルギーの消費バランスが原因かもしれません

 

摂取量と消費量のバランスをとるためには

食事管理で摂取量を減らすか、運動で消費量を増やすのどちらかを

行う必要があります。

 

両方を同時に行うと強力なダイエットになりますが、急激無茶なやり方は

体調を崩してしまう恐れがあります。

 

食事管理で摂取量を減らすのが簡単なように思えるのですが、コレがなかなか難しい。

付き合いもあるし美味しいものには目がないし、食事管理は難しそう…

かといって、毎日が忙しくて運動の時間が作れない…

 

こんな毎日を繰り返していると・・・

その結果カラダの調子が下がってスッキリしにくい体に・・・

 

運動する時間がとれず、ますます体の調子が下がるこんな状態が続くと

もっとスッキリしにくいぽっちゃり・・・

 

「忙しくて仕事に、家事にそして趣味に忙しくて運動できない」そんなあなたに

家事・通勤を活動的な毎日に変える身体活性サポートサプリメントがあります。

 

レティシアンの黒酢しょうが』 身体のリズムをスムーズにし、

すっきりをサポートしてくれます。

身体を活性化して効率的に家事・通勤を運動としてサポート。

 

レティシアンの黒酢しょうが』は3種の成分黒酢・ブラックジンジャー・ヒハツエキス末をバランスよく配合し

一日に必要な身体活性成分をたっぷり含んでいます。

 

3種の成分が身体の調子をグングン促進し、内側からイキイキとしたからだに

導きます。

 

あなたも『レティシアンの黒酢しょうが』でたるんだスタイルを脱ぎ捨てませんか?

 

 

女性の美の悩みに注目成分ALA配合アラプラスCoQ10

 

アラプラストライアルセットでもっちり弾む美肌に

 

遺伝的傾向を調べ最も適切な薄毛ケアのベルソナ育毛剤

 

肌ダメージに海藻エキスのシフォニアSRセラム