たまたま見つけた気になるスキンケアやダイエット商品にアタック

たまたま見つけた気になるスキンケアやダイエット商品やサービスの記事を書いていきます

パナソニックの電動アシスト自転車「ハリヤ」&「ジェッター」が6月8日発売される

大人の男性が乗れる電動アシスト自転車…スポーツモデルの電動アシスト自転車パナソニック サイクルテックから登場。

 

雨天に強い「ジェッター」、段差に強い「ハリヤ」の2車種で、どちらも自転車通勤にぴったり。

 

このごろ自転車の歩道通行にはかなり厳しくなっています。交通ルールは守ってくださいね。特にイヤフォンはだめですよハンズフリーでも、両耳イヤホンは、道交法違反。

 

スポーツモデルの電動アシスト自転車が6月8日に、パナソニック サイクルテックから発売される。雨天時の走行に強い「ジェッター」と、段差に強い「ハリヤ」の2車種で、どちらも自転車通勤にぴったり。

 

この2車種は、今後パナソニック サイクルテックが注力していくとしているスポーツモデルの電動アシスト自転車。同社では海外市場でこの分野への需要が高まっていることを受け、今後国内市場でも需要が高まることを想定しているという。

 

今回発売される「ジェッター」は、雨天時でも制動力の低下が少ない前後ディスクブレーキを搭載。雨が降っていてもオフィスへの道を走る、自転車通勤者に配慮を示した。バッテリーには16Ahの大容量なものを採用。1回の充電で約58キロ(パワーモード時)の長距離走行を可能にしている。価格は15万円(消費税抜き)。

 

一方、「ハリヤ」ではフロントサスペンションを搭載した。これは歩道の段差超えに頻繁に遭遇する、都市部を走る自転車通勤者にはうれしい装備だ。平坦路の走行でパワーを逃したくないときには、サスペンションをロックできる。バッテリーは12Ahで、一回の充電で約48キロ(パワーモード時)の走行が可能だ。価格は12万9,000円(消費税抜き)。

 

 

自転車と車の事故が増えています。

 

車との事故も、違反なしなら、自転車3:7車、からスタートします。

 

そして、クラクションや、ベルを鳴らしたかなどで、前後します。

 

それが、両耳イヤホン自転車での事故は、自転車5:5車スタート。

 

 

逆走もしてれば、自転車7:3車スタートで、大変な事になります。

 

この過失は、相手の損害を、自分の過失で、補償しあうからです。

 

1万円の自転車と、100万円の車が事故して、自転車3:7車。

 

 

こんな過失だと、自転車は、100万円の3割負担で、30万円負担。

 

車は、1万円の7割負担で、7万円負担、と言う事になります。

車との事故も、違反なしなら、自転車3:7車、からスタートします。

 

そして、クラクションや、ベルを鳴らしたかなどで、前後します。

 

それが、両耳イヤホン自転車での事故は、自転車5:5車スタート。

 

 

逆走もしてれば、自転車7:3車スタートで、大変な事になります。

 

この過失は、相手の損害を、自分の過失で、補償しあうからです。

 

1万円の自転車と、100万円の車が事故して、自転車3:7車。

 

 

こんな過失だと、自転車は、100万円の3割負担で、30万円負担。

 

車は、1万円の7割負担で、7万円負担、と言う事になります。

 

ボケーっと自転車に乗って人を汚させるとえらいことになりますよ。

 


 

こんなときに助かるのが自転車保険です。

わずかな金額で安心保障。

自転車はちょっとしたことで走る凶器になるんです。

ブレーキが利かないなんてないですよね。

 

気をつけて運転しましょう。

最近はジョギングしている方とサイクリングしている方のどちらも

イヤフォンしているので怖いですね。