たまたま見つけた気になるスキンケアやダイエット商品にアタック

たまたま見つけた気になるスキンケアやダイエット商品やサービスの記事を書いていきます

肌が焦げるってどんなことなんでしょう…日焼けのこと?

「肌が酸化する」という言葉は、良く耳にするようになりましたが、

同じように肌が「糖化する」ということがあるのを知っていますか?

 

 

化が今注目されているのです。一体どのようなものなのでしょう。

 

糖化とは、身体に中でタンパク質と余分な糖が結びついて、タンパク質が変性、

劣化してAGEs(蛋白糖化最終生成物)という名の老化物質(悪玉物質)を

生成する反応のことを言います。

 

 

糖化とは、食事によって摂り過ぎた余分な糖とタンパク質・脂肪が、体熱によって

不正常な結びつき方(変性)をする現象のことです。


簡単に言うと糖化とは肌や体のたんぱく質が糖と結びつく現象です。

 

体温の熱が関与することから、糖化反応は「体がこげる」反応とも言われています。

 

糖化が起こると細胞の老化が進み、肌の衰えや体調不良、さらに様々な病気の

温床になります。

 

私たちに身近な例だと、ホットケーキを思い浮かべるのが分かりやすいかも

知れません。

 

タンパク質を多く含む卵や牛乳と、砂糖などの糖を混ぜて作るホットケーキは、

焼いていると褐色の焼き色が付き、その色と香りに食欲をそそられます。

 

ホットケーキの例のように、私たちが料理について「こんがり」という際には、

プラスの意味で用いますが、これが体の中で起こってしまうと、

私たちにとってプラスになることはありません。

 

健康な肌はパンにたとえると、トースト前のふわふわの状態。

柔らかく弾力があるので、すぐに元の形に戻れます。

 

また、AGEsがない正常なタンパク質は黄ばみやくすみもなく、美しい状態を

保っています。

 

一方、糖化した肌は焦げたトーストのようなもの。

AGEsがコラーゲンの間に入り込み、肌を硬くして弾力を奪うため、

一度変形すると簡単には元に戻りません。

 

また、茶褐色のAGEsが発生することで、くすんで見えてしまうのです。


くすみ・黄ばみ・ハリ不足などの美肌の大敵のこれらの症状が「糖化」なんだとか…

加齢やストレスの溜まりやすい40代からの素肌には「糖化」対策が必要です。

 

しかし、糖化が恐ろしいからといって、糖を摂取しないのはNGです。
糖質は身体のエネルギーを作りますから、糖質なしでは頭も身体も働かないのです。

ほとんどがたんぱく質でできている人間は、糖を摂取すると体温で熱せられ、

体内のあちこちで糖化現象が起きます。


そして、この糖化現象によって、AGEs(エージーイー)と呼ばれる劣化した

たんぱく質ができるのですが、実は問題なのは、この劣化したたんぱく質が体内に溜まってしまうことで、さまざまなトラブルを引き起こすことなのです。

 

糖化の進行のレベルには、個人差があるといわれていますが、それは、この

AGEsが溜まるスピードが大きく関係しているのです。

 

肌や体に余分な糖があるとたんぱく質や脂質と結びつき、AGEsといわれる

老化を促進させる物質が発生。

 

これによって糖化芽始まり、透明だったコラーゲンや角質細胞がこげたように黄色もしくは茶褐色に変色。

 

こうした変化がくすみになり、また肌の弾力を生むコラーゲンが劣化することで、

たるみやシワが発生します。

 


糖化対策には糖との結びつきを断つ糖質オフが必要です。


糖質オフ美容のストレピア フェイスアップクリームをお試しください

 

体重とウエスト径を減らすイージースムージーグリーン